マイクロソフトオフィスエキスパート取得法

マイクロソフトオフィスエキスパートの資格についての概要・種類

マイクロソフトオフィスエキスパートの資格に関しての概要・種類についてご説明します。

 

はじめに、マイクロソフトオフィスエキスパートとは別にスペシャリストという資格があるということを知っておきましょう。

 

難易度が違うと思っていらっしゃるかもしれませんが、正くは出題される範囲が違います。

 

スペシャリストは基本的なことを、マイクロソフトオフィスエキスパートはそれよりもさらに応用まで扱える資格です。

 

要するに、マイクロソフトオフィスエキスパートを取ろうと思っている方でも、はじめはスペシャリストの資格から取るのがお勧めとなります。

 

どちらからでも取ることができますが、応用はできるのに基本が分からないとなると、仕事の選択が減ってしまいます。

 

さらに、マイクロソフトオフィスエキスパートの試験で出題されるのがエクセルとワードであるのに対して、スペシャリストの方はこれだけではなくパワーポイント・アクセス・アウトルックもあります。

 

全部を一緒に受験するというのではなく、一つ一つ取得していくことになるというのも頭に入れておきましょう。

 

エクセル・ワードはぜひ持っておきたい資格ではありますが、可能ならばパワーポイントも使用できると選ぶことができる仕事の範囲が広がります。

 

これはプレゼンテーション用のソフトで、職種によっては絶対必要な場合もあります。

 

会社内で自分で資料を作成して提出しなければならないことがある際などは、必須となることが多いですね。

 

エクセル・ワードのエキスパート、パワーポイントの必須3科目と、アウトルックかアクセスのどちらか1科目に合格するとオフィスマスターと認められます。

マイクロソフトオフィスエキスパートの資格についての概要・種類関連エントリー